西野七瀬が一瞬ピキッ?田中みな実からの指摘がSNSで大激論に

 4月27日、元乃木坂46で現在はタレントの西野七瀬が「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。番組後半の「自分の変えたいところは?」というトークテーマで、西野が「猫背」について何年も意識して直そうとしている旨を話すと、同じく出演者のフリーアナウンサー、田中みな実から「ななちゃん、めちゃくちゃ姿勢よくなったよ」と効果を指摘され、本人も「なったんですかね。ちょっとずつよくなっていると自分では思っています」と笑みを見せるなど和んだ雰囲気になったとか。ところが‥‥。

「田中が西野に『それよりも声が小っちゃいなってほうが‥‥』と、ファンの間でもよく話題になるという西野の声の小ささを指摘したんです。これには西野がちょっとムスッとした表情を浮かべて『声は別に直そうと思っていないんで』と反論。一部のネットニュースが煽ったように険悪な雰囲気ではなく、いかにもオチっぽい感じのトークでしたが、このやり取りがSNS上で大議論になってしまいました」(女性誌ライター)

 西野の立場からすると、声の小ささは自分の変えたいところではないということ。だから、田中の余分な(?)指摘に思わずピキッとしてしまったのかもしれない。ファンからも「周りから言われすぎてて嫌になってそう」「声は個性だからいいと思う」という擁護の声があった。それでも「テレビに出るタレントとして声が小さすぎるのはどうかと思う」という冷静な意見もあり、ファンではない一般からの声はほぼ後者。「変えないという頑固さがいいとは思わない」「共演者がそう思うんだから少しでも聞こえやすく努力すべき」「これは田中みな実の気持ちがわかる」など、声が小さいことを直そうという気持ちがない西野への苦言が大半になってしまったようだ。

「それをきっかけに、西野とは関係なしに声が小さい人への不平不満や大議論に。聞き返しても次も音量を上げない、聞き返すとキレるなどの意見が書き込まれました。そして苦情を書き込んだ多く人から『キレる時だけ声が大きい』『うちの主人は子どもに怒ってる時だけ異様に声がデカい』など、声が小さい人は面倒だという議論が出来上がってしまいました。もちろん、病気などで声が大きく出せない人への気遣いを仰ってる人も多く、思いのほか切実な問題だということがわかりました」(前出・女性誌ライター)

 猫背は克服しつつある西野。ファンだけは許してくれても、直すつもりがないという小声のせいで、共演者やスタッフから「面倒な人」だと思われていなければいいのだが。

(小机かをる)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング