これ言われたら逃げて!“隠れモラハラ”男性が言う3つの言葉

 相手を精神的に追い詰めるような行為を「モラルハラスメント(モラハラ)」といいます。会社などで問題にされることの多いモラハラですが、恋愛関係でも同じです。相手のことが好きだという気持ちが勝っていると、それを受けていることすら気付かないケースもありますが、モラハラは心をむしばみます。いったいどんな言葉がモラハラになり得るのでしょうか。すぐには気付きにくい“隠れモラハラ”ともなる男性の発言を紹介していきましょう。

■「○○のために言ってるんだよ」

 モラハラをしてくる男性は、「あなたのため」という言葉を使って自分を正当化しようとします。その気持ちが「○○のために言ってるんだよ」という発言につながるのです。ですが、もしあなたが言われて嫌な思いをしているのなら、それはすでにモラハラです。あなたを本当の意味で思いやってくれているわけではないので、勘違いしないでください。

■「なんで分からないの?」

 モラハラ男性の多くは、最初は言葉も優しく誠実そうにみえます。ですが、親密になるにつれて言葉遣いが荒くなったり、大きな声を出したりし始めます。何度か同じ失敗をしてしまったとき、「なんで分からないの?」と問い詰めてくるのも、その兆候の一つ。エスカレートする前に、相手から離れることを考えてくださいね。

■「でも○○でしょ」

 モラハラ男性は、あなたの意見を素直に聞き入れようとはしません。自分の意見がいつも正しいと思っているため、あなたを否定してなんとか屈服させようとしてきます。あなたが何か言ったとき、いつも「でも○○でしょ」とか「そんなことあり得ないでしょ」などと、否定から入ってくるのならモラハラ男性の可能性大です。

 モラハラ男性は外面がよく、会社などでは評価が高いことも多いです。そのため、付き合ってから本性がみえることも少なくありません。もし、彼にその兆候がみえたら、なるべく早く別れを考えたほうがよいでしょう。「いつか変わってくれるはず……」という望みを持つと、酷い目に合うかもしれませんよ。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング