北山宏光、「ただ離婚してないだけ」でつかんだ「俳優班」の新ポジション

 放送中の深夜ドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)で寂しさから出来心で不貞をして、その不貞相手をうっかり殺害してしまった主人公・柿野正隆を演じているKis-My-Ft2の北山宏光。

 これまでキスマイと言えば、藤ヶ谷太輔と玉森裕太の2人が「俳優班」または「演技班」と呼ばれ、ドラマや映画に出演することが多かったのだが、どうやら今後は北山の出番が増えそうだ。というのも、「ただ離婚してないだけ」で正隆を演じる北山の表現力がすさまじいのだ。

「ネット上でもジャニーズドラマだからと、軽い気持ちで視聴した人から『北山の演技力に引きずり込まれる。めっちゃ怖いのにずっと見ていたくなる』『背筋が凍るほど怖くて、涙が出るほど切ない。まさかキスマイの北山がこんなに演技が上手いとは思ってなかった』『出来心から始まった不貞が殺人事件にまで発展する怖さ。北山が見事に演じててすごい』『ジャニドラだと思って甘く見てたら痛い目見る。登場人物たちの感情の絡み合いがエグい。濃い。クセになる』など、称賛の声が相次いでいます。特に7月28日深夜放送の第4話では、正隆(北山)の不貞相手である萌(萩原みのり)が、包丁を持って正隆の妻・雪映(中村ゆり)に襲いかかってきたのを止めようとして、正隆は萌を殺害。雪映と一緒に萌の遺体を庭に埋めるのだが、正隆も雪映も犯した罪の重さに押しつぶされそうに。ラストシーンは、これまで隠し続けていた気持ちが決壊し、雪映の前で子どものように泣きじゃくり「ごめんなさい」と謝る正隆が印象的なシーンだったんですが、ツイッター上では『30分間があっという間だった』『北山から目が離せなかった』『北山が役者として覚醒した』『北山という役者のファンになった』といった声が殺到してします」(女性誌記者)

 北山が演じる正隆は、おそらく彼の俳優人生において語り継がれるキャラとなることだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング