ムロツヨシが映画「マイ・ダディ」で初主演!“降板の危機”もあった?

 俳優・ムロツヨシが、初主演を務める映画「マイ・ダディ」が9月23日の公開を前に注目を集めている。

 ムロが演じる主人公の御堂一男は、8年前に最愛の妻を亡くすも中学生の一人娘を男手一つで育てている牧師。別のアルバイトを掛け持ちしながら、慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところが、最愛の娘が病に侵され、さらに信じられない真実を突きつけられ、運命に翻弄されながらも救おうと奮闘する、お人好しで誠実な父親だ。

 映画の公開を前にムロは、9月12日に放送された番組「日曜日の初耳学」(TBS系)にゲスト出演。林修のインタビューに答えて、この映画への熱い思いを語っている。

「インタビューの中でムロ自身の生い立ちにも触れ『4歳の時に両親が離婚。小3、小4なると“俺、お母さんがいないから”と自ら言っていた』と告白。『かわいそうって思われるのが本当に嫌。親戚とかおばあちゃんがかわいそうな僕を育てるの、かわいそうでしょう』『両親がいないからっていうのを理由にして、性格が歪んだってことは許されない』『大嫌いなんですよ。映画で殺人者とか変なことするヤツの親が離婚して片親ですとか』『両親いませんけど、こんなに笑ってますよって言わないと。これからもアピールしていく』と使命感にも似た思いがあると打ち明けていました。そう言った思いもあり、今作の脚本を読んだ2時間後にムロは『やらせてください』と返答。脚本を始め、作品作りから関わったそうです」(芸能ライター)

 初主演となるこの作品だが、“主役降板の危機”もあったという。

「ムロは9月14日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)にVTR出演。今回の脚本は親子の愛の物語ですが、1回寅さんに近い“人情劇”に舵を切ったことがあり、その脚本を読み、ムロは電話で『僕はこれは違うと思う』と抗議。するとプロデューサーから『ムロ君は出ないっていう考え?』と聞かれ、『はいって言ったらこの映画なくなるかな。強気で言ったけどなくなるのいやだな』とコメントしてスタジオの笑いを誘っていました」(前出・芸能ライター)

 コメディではなくヒューマンドラマで初主演を飾ったムロツヨシ。ヒットを期待したい。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング