「選挙の日」だけじゃない?太田光の暴走芸にマジギレした大物お笑い芸人とは

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光による生放送中の暴走MCぶりが賛否を巻き起こしている。

 問題視されているのは、10月31日放送の選挙特番「選挙の日2021 太田光と問う! 私たちのミライ」(TBS系)での政治家とのやり取りだった。太田は、小選挙区でのまさかの苦戦が伝えられていた自民党・甘利明前幹事長と中継でつながった際、苦しい表情の同氏に向けて開口一番「元気そうじゃないですね。何かあったんですか?」と半笑いで先制パンチ。その後も「これ戦犯ですよね? もし負けたら」「いろいろこれから考えて下さい。アッハッハ! ご愁傷様でした」などと言い放っていた。

 ほかにも自民党の重鎮・二階俊博元幹事長に対しても、当選後の中継インタビューで「人相悪いですね」「ところで、いつまで政治家続けるおつもりですか?」と失礼発言を連発。最後には二階氏から「お前、失礼だよ! 言葉を選びなさい!」とガチギレされる展開に。

 ネットでは、同特番における悪ノリにも近い太田の振る舞いに対し、「国民の聞きたいことを聞いてくれてる」「見ていて痛快だった」と一部で擁護する声がありつつも、やはり「選挙を終えたばかりの人に浴びせる言葉じゃない」「“芸”と“なんでも言っていい”は全く違う」「さすがに不愉快」などの指摘も多かった。

 また、太田への批判が過熱する中、妻で所属事務所社長の太田光代氏はツイッター上で「アーリンが帰宅したら怒ります」と夫の失礼発言に対する説教を宣言。しかし、「アーリンに礼節など無理です」と理解を示すようなツイートも投稿して炎上。身内にとってもその扱いは一筋縄ではいかないのかもしれない。

 しかし、太田が生放送特番でトラブルを起こすことは珍しいことではない。

「大きな話題を集めたのは2019年11月2日から3日にかけて生放送された『FNS 27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』内の『さんまのお笑い向上委員会』コーナーにおける暴走です。同コーナーでは、フジテレビにとっての偉大な功労者である明石家さんまの功績を讃えるべく、同局の遠藤龍之介社長がわざわざ登場し、さんまに向けて感謝状を読み上げるパートがありました。そのシーンはおふざけなしの真剣な場面だったにもかかわらず、生放送でテンションの上がった太田は、事もあろうか、遠藤社長につかみかかって“ダイジな部分”をズボンの上から握るという悪ノリを強行。さんまや鬼越トマホークから『ここはマジでふざけちゃダメ』と引き離され、社長もドン引きの反応に。その後も随所で空気を読まない行動に出るなどし、CM中に太田が『俺、出るところ間違ってるかなぁ』と軽いノリで反省していたところ、芸人界では“仏の関根”と慕われる関根勤が『太田くん、全部間違ってるよ!』とガチの説教をされてしまったんです。

 関根と長い付き合いのある小堺一機によれば、関根がマジギレするペースは『20年に1回ほど』で、小堺が最後に目撃した関根のマジギレは『30年くらい前』だったと後のラジオ番組で説明。太田は普段決して怒らない温厚な男の逆鱗に触れただけでなく、悪ノリが許される相手ではないフジテレビの社長までも巻き込む暴走を見せたんです」(テレビ誌ライター)

 大御所を怒らせるのが得意なだけではない。その“暴走芸”が回り回って、自らの首を絞める格好になったこともある。

「太田は2019年3月30日、こちらも生放送されたお笑い特番『ENGEI グランドスラム』(フジテレビ系)のエンディングでも、テンションが空回りして大暴走。終盤のスタジオトークでは、とんねるず・石橋貴明がケーキを爆破させるドッキリを敢行したため、ステージには生クリームが飛び散っていたのですが、そのクリームを浴びた太田はハシャギまくり。『なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ!』と叫んで走り回ろうとしたところ、足をクリームに滑らせて転倒。頭を床に強打し、共演者が慌てて太田に駆け寄る姿がお茶の間をザワつかせました。その後、太田はフラフラとよろめくような仕草も見せ、後日、本人は『あの時の記憶がない』と振り返っています」(テレビ誌ライター)

 生放送で、なおかつ特番となれば、太田はジッとはしていられないサガのようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング