有村架純、“劣化”風評を吹き飛ばす!「ビリギャル」姿に絶賛の声

 有村架純と中村倫也がW主演の金曜ドラマ「石子と羽男‐そんなコトで訴えます?‐」(TBS系)の第4話が8月5日に放送され、ドラマ冒頭に石子を演じる有村がセーラー服姿で登場。SNSには驚きの声が寄せられている。

 このドラマは、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒パラリーガルの石子と一発で合格した高卒の弁護士・羽男(中村)の“石羽コンビ”が、珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメント。第4話では、以前に弁護を担当した堂前絵実(趣里)から依頼があり、妹の一奈(生見愛瑠)が運転する電動キックボードにぶつかって転んだ新庄隆信(シソンヌ・じろう)が、帰宅後に容態悪化。一奈が逮捕されることに。

「石羽コンビが解決に乗り出しトラブルを寸劇で紹介。今話では、電動キックボードの接触事故がモチーフなだけに、ヤンキー風の塩崎(おいでやす小田)が運転するキックボードが学生服姿の羽男と接触。その姿をルーズソックスにローファーを履いた制服姿の石子が目撃するといった展開に『ビリギャルじゃん!』『先週は警察官でSPEC、今週は高校生でビリギャル、架純ちゃん可愛すぎる』『ビリギャルを彷彿とさせる演出最高』といった声が殺到しています」(テレビ誌ライター)

「ビリギャル」とは、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に合格する、坪田信貴氏原作のノンフィクションを2015年に有村主演で映画化。当時の有村を彷彿とさせる見事な再現ぶりに、ファンは大興奮。これには、ある狙いが見え隠れする。

「今年で29歳を迎える有村には、近頃は“可愛くない”“劣化した”などの声がSNSに上がっています。今作を手掛ける演出家は、2018年に金曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)、そして映画『コーヒーが冷めないうちに』でいずれも有村を主演に起用した塚原あゆ子監督。今作では、どのシーンも有村を“キレイに撮りたい”といった思いにあふれたものばかり。そうした製作陣の有村に対する愛が、『ビリギャル』へのオマージュとなって現れたのかもしれません」(女性誌記者)

 今作で“劣化”の風評被害を吹き飛ばせるか。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング