黒島結菜が嫌われた!「ちむどんどん」の不快すぎる展開

 現在放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK)へのバッシングが止まらない。

 今作は、故郷の沖縄料理に夢をかける主人公・比嘉暢子(黒島結菜)を中心とした4人兄妹の物語。視聴者のイライラは前半、一獲千金を狙い、母・優子(仲間由紀恵)に借金させて用意したお金をダマされて持ち逃げされる暢子の兄・賢秀(竜星涼)と、彼をただ甘やかす母に向けられた。

 第15話からは、幼い頃に沖縄で出会った青柳和彦(宮沢氷魚)と一度は結婚を約束しながらも破局。その後、幼馴染の砂川智(前田公輝)に求婚されるも「仕事に集中したい」との理由であっさり断った。にもかかわらず、再度青柳からプロポーズされるとすぐに承諾。和彦の母・重子(鈴木保奈美)から反対されると、手作り弁当を毎朝届けるという行動に出る。母を刺激しないでという和彦に「何か間違ったことしてる?」と返す暢子に呆れはてた視聴者も多かったようだ。

 さらに、暢子と和彦の結婚式に、砂川は暢子の妹・歌子(上白石萌歌)に騙される形で、強制的に会場へ連れていかれ、スピーチまでさせられたのだ。

「結婚までの一連の流れについては『暢子、変わり身ハヤ』『智がかわいそうすぎる』『ヒロインの結婚がこんなに祝福できない不快なドラマ、いまだかつてない!』など、話の展開に不快感が高まっています。暢子を演じている黒島に対しても『結菜ちゃんが嫌いになりそう』との声も上がっているのです」(テレビ誌ライター)

 8月15日放送回では、賢秀が散々騙されてきた我那覇良昭(田久保宗稔)と再会。我那覇は賢秀を見るなり土下座して謝罪するのだが、なにやらまた怪しげな話をもちかけ‥‥。視聴者のイライラやモヤモヤがさらに増大しそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング