2016/11/13 17:59

ディーン・フジオカが織田裕二に気に入られた初対面時の“ある一言”とは?

20161113dean

 11月7日、「東京ドラマアウォード2016」の授賞式が行われ、朝ドラ「あさが来た」が連続ドラマ部門のグランプリを受賞。主演女優賞にヒロインを演じた波瑠、助演男優賞にディーン・フジオカが選ばれた。テレビ局スタッフが語る。

「作品・主演女優・助演男優の三冠で、今年は『あさが来た』の年でしたね。NHK・民放各社主催のため、以前は各社が1作品は入るような配慮もありましたが、今回は主要な賞はキー局ではNHKとTBSだけでした。高い視聴率が取れない時代です。『いい作品を素直に評価しよう』という動きが高まっている気がしますね。助演男優賞は、『あさが来た』でヒロインの夫を演じた玉木宏さんも候補に挙がりましたが、最終的には勢いのあるディーンさんに決まりました」

 ディーンといえば、放送中の「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)で、主演・織田裕二の執事役を演じている。撮影前は「2人が合わないのではないか」と声もあったが、それは杞憂で意気投合しているという。

「まず、初対面でディーンさんが、『最初に観たドラマが“東京ラブストーリー”です。織田さんはレジェンドです』と話したのが良かったですね。それで一気に距離が縮まりました。また、織田さんが話す演技プランに対しても堂々と反論していますよ。ふだんは立てていますが、譲れない時はトコトン言います。これが良いんです。ディーンさんは監督経験もありますから、他の俳優さんとは違った視点を持っています。激論を交わし、『おかげで良い作品ができる』と、織田さんは大喜びでした」(ドラマ関係者)

 当初は「織田さん」「ディーンさん」と互いに「さん」付けで呼んでいたという2人。今では「ディーン」「若様」と呼び合い、ドラマ同様、息がピッタリだそうだ。

(長谷部葵)

関連記事:玉木宏じゃないの!3冠「あさが来た」ディーン・フジオカの受賞に異論反論 http://asajo.jp/excerpt/19622

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング