羽生結弦だけじゃない! キラ星のごとく輝くオーサーコーチの愛弟子たち

20170502_asajo_orser

 フィギュアスケート世界選手権で、羽生結弦選手が3年ぶりに王者となったことで、ブライアン・オーサーコーチの喜びもひとしお。

 羽生選手の指導者として有名なオーサー氏だが、愛弟子は羽生選手だけではない。

「オーサーは先の世界選手権に、昨年2連覇したハビエル・フェルナンデス選手、女子3位のガブリエル・デールマン選手、9位のエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手、26位のヨシ・ヘルゲソンと、羽生選手を含めて5人の愛弟子を送り込んでいます。オーサーはメダル候補であろうとなかろうと、分け隔てなく指導するように心がけているそうです」(スポーツライター)

 5人の選手をケアしなければならないため、コーチもひと苦労。世界選手権ではオーサー氏が所属するクリケットクラブから5人のコーチを帯同して対応したのだとか。男女両方の選手がいるということは、全日程で試合があるということ。それでも各選手に気を配り、大切にするオーサー氏の繊細な優しさを知るからこそ、選手たちは彼を深く信頼し、それがまた好成績につながるということなのだろう。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング