2016/01/17 09:59

奥さんの前で言ってみろ! セカオワFukaseの「ゲス極擁護」に反対意見が続出

20160117sekaowa

 世間を騒がせているベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不貞騒動に関して、テレビ以外にもラジオやツイッターなどで言及する著名人たちも多いわけだが、発言によっては叩かれてしまうパターンも出てきた。

 川谷の不貞前に同じ週刊誌でシングルマザーの益若つばさとの交際を報じられたSEKAI NO OWARIのボーカリスト、Fukaseもその一人。

 Fukaseは自身のツイッターで「えのんくんにどんな報道があろうと、俺は、彼らの作る音楽が素晴らしいから、俺はかれらの作る音楽を支持する」と同じミュージシャンの立場からコメント。このツイートは4万件に近い“いいね”がつくなど反響も大きかった。しかし問題が問題なだけに、この発言には「偽善者ぶるなよ!」など批判的な意見も多く寄せられ、Fukaseがそれに反論する場面もあった。

 その状況を見たファンたちも炎上を心配してFukaseに無視を進言したようだが、「言いたい事も言えずに炎上するなら、炎上して仕方ない」と、本人はとことんやり合う姿勢を見せた。

「Fukaseはなんでもかんでもオープンに話し過ぎてしまうところがある。それが支持にもつながっているわけですが、当然のように火種を生むことも多い。このツイートの2時間前にはファンから交際中の益若についての質問が寄せられており、益若の好きなところ、彼女の子供との交流について、結婚についてなど包み隠さず答えていました。そのやり取りにはやましさもなく好感が持てましたが、その直後に言及した不貞騒動についてはゲス極の音楽性とは関係ない話ですから、あえて擁護する必要もなかったように思います」(週刊誌記者)

 ネットのサイトなどでは「誰もゲス極の音の話はしてねーだろ!」「ゲス極とベッキーを使って自分だけ好感度上がっていいな」「あんた、川谷の奥さんの前で言えるのか?」など反発が多い。

 ニューアルバム発売を控えた同志に手を差し伸べたい気持ちもわかるが、やはり「今回の問題の卑劣さがわかってないのでは?」という一般女性のカキコミが正論かもしれない。

(佐伯シンジ)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング