2018/10/24 10:15

SMAPに関わったアーテイストが次々と…「ぼくりり」引退で浮上した疑惑

“平成の歌姫”安室奈美恵をはじめ、今年は多くの有名芸能人が芸能界を去った。ももいろクローバーZ・有安杏果や小室哲哉など。ジャニーズタレントではTOKIO・山口達也、関ジャニ∞・渋谷すばる、タッキー&翼・滝沢秀明が引退した(※渋谷と滝沢は大みそかに引退)。

 そんな中、9月上旬に音楽ファンに衝撃が走ったのは男性シンガーソングライター「ぼくのりりっくのぼうよみ」の活動終了宣言だ。19年初頭をもって、アーティスト活動を終えるという。このニュースに驚いたのは元SMAPファンではないだろうか。その理由を、スポーツ紙の芸能記者がこう解説する。

「香取慎吾と草なぎ剛のデュオ・SingTuyo(しんつよ)が、今年4月30日にデジタル配信した『KISS is my life.』の作詞・作曲が、“ぼくりり”だったからです。彼を起用したのは、かねてからファンを公言していた香取。『KISS is my life.』のミュージックビデオにも、エキストラで出演しています。それがまさか引退するなんて‥‥」

 香取、草なぎ、稲垣吾郎は「KISS is my life.」のほかに、「雨あがりのステップ」「72」の計3曲をジャニーズ事務所退所後に配信している。いずれもCD化はされていない。つまり3人にとって最後の原盤は、SMAPのラストソング「Otherside/愛が止まるまでは」(15年9月9日)となる。そして、この「愛が止まるまでは」の制作者にも、ある問題が起きていた。

「作詞・作曲が川谷絵音なんです。川谷といえば周知のとおり、16年1月にベッキーとの不貞が報じられ、史上まれに見る芸能スキャンダルとなりました。CD発売から、わずか4カ月後のことです」(前出・スポーツ紙記者)

「愛が止まるまでは」がリリースされた直後に川谷はスキャンダルが発生。そして、「KISS is my life.」が配信された18年に、ぼくりりが歌手活動を辞める決意を下した。SMAPの前と後。制作したアーティストが芳しくない状況に陥るのは、単なる偶然なのだろうか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング