2018/11/06 18:14

熊田曜子、入場を断られた児童館の名前を“ブログに記載”し波紋

 タレントの熊田曜子が11月4日、自身のオフィシャルブログ「Yoko」を更新。都内の某児童館を3人の子供と共に訪れるも、入場を許可されなかった経緯や原因を説明している。

「3人育児」と銘打った記事内で、熊田は「日曜日ですが主人が仕事になり、雨が降っていたので公園遊びは諦め」と書き出し、子供達3人を連れて墨田区の某児童館を訪れたことを、施設名と最寄駅名を明かした上で報告。未就園児がボールプールやジャングルジムを使って遊べるという“すくすくルーム”への入場を試みるも、係のスタッフから「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなので入れません」と告げられたと明かし、「予想外の出来事に私はキョトン」とも綴った。

 熊田は末っ子の4カ月の赤ちゃんを抱っこヒモで抱えながら他の2人の面倒を見るという代案を提示し、食い下がるも「ダメです」と係のスタッフから拒否され、「まさか、そんな決まりがあったなんて。完全に私のミスです。やってしまった。娘達よ、ごめんなさい」と事前の確認不足を悔いている。

「熊田のように3人の子供をかかえる母親にとっては少々酷な施設ルールではありますが、児童館側も施設内でのトラブルや怪我などを防ぐために、保護者の目が行き届く範囲内での人数しか受け入れられないというのも納得できます。ネット上でも今回の熊田の投稿には意見が分かれており、『まぁこれはお互いの主張も気持ちも分かるなぁ』『昔は別に何人でも遊べてましたよ』『熊田さんの気持ちも分からなくはないが、児童館側にも理由がある』との指摘がズラリと並ぶ一方、人気ママタレのブログに当該館の最寄駅名と施設名まで記載したことについては『名前を出すのはどうなんだろうね?』という批判の声も多数散見。アメーバブログ内で約45700人というフォロワーを抱える影響力抜群の熊田のブログですから、名前を出されてしまった児童館側も戸惑ったでしょうね」(テレビ誌ライター)

 仕事に出て行ってしまった熊田の夫も“すくすくルーム”へ同伴すれば、大人2名につき4名の子供まで同伴できる状態となるが、そもそも「主人が仕事になり、雨が降っていた」ことで突発的に児童館へと駆け込んだ為、熊田側は諦めるしかなかった。こうした現状を鑑みれば、日本の少子化対策は不十分と言わざるを得ない?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング