美しい女性が実践している「たったこれだけ!?」のこと

 いつまでもキレイでいたい──年齢を重ねても、多くの女性たちはこのように思うのではないでしょうか。何より、美しくあるために努力しているときは、女性にとって真の喜びです。なぜなら、それが大切な人に好かれる結果になるから。では、そのための秘策を探ってみましょう。

■食事の前に「キレイのために食べる」と唱える

 アンチエイジングに詳しい稲川龍男さんの著書「1日5分!脳の活性で若返る 魔法のアンチエイジング」(小学館刊)には、毎食前に「キレイのために食べる」と思いながら、よく味わって美味しがることで、幸せホルモンであるセロトニンを分泌させるという方法が紹介されています。すると、エネルギー代謝が高まり、余分な糖分が中性脂肪に変わるのを防ぐという驚きの事実があるのだそうです。罪悪感をもって食べていた人は、楽しく食べるようにしましょう。

■成長ホルモンを増やす生活をする

 満尾クリニックの満尾正院長の著書「『若返りホルモン』をぐんぐん増やす16の習慣:3か月で見違える!」(CCCメディアハウス刊)によると、キレイになるには若返りホルモンといわれる成長ホルモンを、意図的に増やす生活が望ましいそうです。例えば、夜11時頃に寝て、朝は午前6時に起きる。そして夜はブルーライトを避け、昼は日光を浴びる。このようなちょっとしたことで、よい効果が期待できるそうですよ。

 いつまでもキレイでいるために、ぜひこれらの方法を試してみましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング