紀里谷和明監督、16年も前から伊勢谷友介と間違えられていた!

 俳優でモデルの伊勢谷友介が薬物所持の疑いで9月8日に逮捕された件を受け、名前が似ている写真家で映画監督の紀里谷和明氏に理不尽な被害が及んでいる。

 二人は名前の文字数と「3文字目がいずれも谷」という共通点に加えて、芸術系の大学に通っていた経歴も一緒。伊勢谷が広末涼子や長澤まさみと浮名を流した一方、紀里谷氏は02~07年に宇多田ヒカルと結婚していた。印象が似ているからといって間違った情報をSNSに投稿することは許されるものではないが、実はこの二人、16年も前から混同されていたというのである。

「04年に公開されたSF映画の『CASSHERN』は紀里谷氏にとって商業映画での監督デビュー作。その映画で主役を務めたのが伊勢谷だったのです。しかも当の伊勢谷がその前年に映画『カクト』で監督デビューも果たしていたため、『CASSHERN』の公開当時から同作が伊勢谷友介の監督作品だと思い込む人が少なくありませんでした。紀里谷氏と伊勢谷は8歳違い、見た目も決して似ているとは言えないものの、二人ともいわゆる濃い目のルックスですし、混同してしまう人がいたのでしょう」(芸能ライター)

 ツイッターを深掘りしてみると、今回の薬物事件の以前から二人を混同していたケースが散見されるという。

「たとえば《今の今までCASSHERNの監督は伊勢谷友介だと思ってたけど違う人でした》といったそのものズバリの勘違いや、伊勢谷について《宇多田ヒカルと結婚してた紀里谷和明と名前が似てた》といったつぶやきも。それに加えて『CASSHERN』は2004年の興行収入で年間12位に入る好成績を収めていましたが、なぜか失敗作だと勘違いしている人も多い様子。いろんな面で誤解されやすい作品だったようです」(前出・芸能ライター)

 紀里谷氏にとってはとんだ災難だったが、今回の一件で「CASSHERN」の素晴らしさに言及する人が多かったことは唯一の救いなのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング