中谷美紀、「渡部篤郎と破局」で主演ドラマに漂うリアルすぎる“必死さ”

20160423nakatani

 4月15日に放送された中谷美紀主演のテレビドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)の視聴率が、10.3%だったことがわかった。同ドラマは、前クールの綾瀬はるか主演「わたしを離さないで」と比べると大きく数字を上げた。

「TBSの金曜22時ドラマといえば、昨年の『表参道高校合唱部!』が平均視聴率5%台、今年の綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』は平均視聴率6%台と、大苦戦していた枠です。しかし今回のドラマは、とりあえず2ケタ台に乗せたわけですから、十分に健闘していると言えるでしょう」(テレビ誌記者)

 独身アラフォー女性が、恋愛知識の豊富な男性から助言を受けるという設定は、昨年放送された篠原涼子主演の「オトナ女子」(フジテレビ系)を彷彿とさせる。

 そのためネット上では両方のドラマを比べる視聴者も多いが、「オトナ女子」が酷評されたのに対し、今回の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」は、多くの女性たちから支持されているという。その違いは何なのだろうか。

「『オトナ女子』は、リアルなアラフォーを描くと言いながら、男性脚本家による“独身女ってこういうのが喜ぶんだろ?”といったステレオタイプな描写が目立ち、それが女性視聴者から反感を買いました。その一方で、今回の中谷主演ドラマは、アラフォー女性脚本家の金子ありさが、原案のハウトゥーテクニックをコメディとして昇華させながら、恋愛物語にうまく落とし込んでいる。また『オトナ女子』の篠原涼子は既婚者だったのに対し、中谷は未婚。さらに最近は渡部篤郎との破局報道が出るなど、まさにドラマのタイトルのような人生を歩んでいるため、多くの独身女性から支持されているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 女優・中谷美紀の心の叫びとも思える「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」という絶妙なタイトル。同ドラマは、このまま視聴者の支持を得ながら、安定した2ケタ視聴率を保つことができるだろうか。

(森嶋時生)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング