2016/1/2 9:59 AM

有名タレント「芸名の由来」、綾瀬はるか、堀北真希、ベッキーの意外すぎる本名

20160102ayase

 芸能人の中には芸名以上にインパクトの強い本名の人も多い。最強なのが、紅白で司会を務めた綾瀬はるかだろう。

 ホリプロのスカウトキャラバンで審査委員特別賞を受賞し、当初は本名の「蓼丸綾(たでまる・あや)」でグラビア活動をしていた。

「ただ、さすがに『たでまる』は難しすぎたのか、名前のほうの『綾』を苗字に移動させ、広島時代の親友だった『はるか』を語呂の良さで拝借しています」(芸能ライター)

 一方、昨年、大きなニュースとして話題になったビッグカップルといえば、堀北真希と山本耕史。結婚したから「山本真希」になった?

「いえいえ、違います。彼女の本名『原麻里奈』は、業界ではトップシークレットとされてきました。芸名を決める際、一時は『原真希』も候補だったが、『腹巻き』と同音になるので却下したようです。山本のほうは芸名と本名が同じなので、現在は『山本麻里奈』ということになりますね」(女性誌記者)

 なんとも古風な響きだ。

 父親がイギリス人、母親が日本人のハーフのベッキー。じつは本名は「レベッカ・英里・レイボーン」。

「海外ではジェームスならジミー、トーマスならトムと相場が決まっています。それと同じでレベッカの通称がベッキーなので芸名にした模様です」(前出・女性誌記者)

 キャラ的には申し分なさそう。

「本名ではちょっとマズい」の典型がミュージシャンのMISIAだ。

「意外に背が低いことと並び、MISIAにとってのタブーが『本名・伊藤美咲』です。藤と東で字こそ違えど、『イトウ・ミサキ』の読みは、あの美人女優と同じ。音楽マスコミ等にはかん口令が敷かれているほどです」(音楽ライター)

 芸名にはかくもさまざまな裏事情が潜んでいるのだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング