【合理的にあり得ない】丸山智己が魅せるキャラが「あのお笑い芸人に見える」の声

 コメディとシリアスの配分がちょうどいいとネット上で話題になっている天海祐希主演ドラマ「合理的にあり得ない」(フジテレビ系)。演技の上手い役者のみをメインキャストに据えているため、安心して視聴できることも人気の秘訣かもしれない。特に天海は、変装の達人である探偵の上水流涼子というキャラを存分に楽しんでいるようで、その楽しさが視聴者に伝播している部分もあるようだ。

 さらにもう1人、演じているキャラを楽しんでいるように見える役者が丸山智己だ。丸山が演じるのは、警視庁の相談センター窓口に勤める元刑事・丹波勝利。かつて捜査一課にいた頃、涼子(天海)が弁護士資格を失った傷害事件で、彼女の無実を信じた唯一の男なのだ。「ダーティーハリー」の大ファンで、普段着はハリー・キャラハン刑事のコスプレをしており、ハリー・キャラハン刑事の日本語吹き替え声優である山田康雄風のしゃべり方を時折するところが、実にチャーミングなのだ。

「天海の公称身長は171センチ、天海演じる涼子のバディを務める貴山伸彦を演じる松下洸平の公称身長は175センチですが、圧倒的に華がある天海と並ぶと、どうにも松下は貧相で地味に見えてしまうんです。それに対して丸山の公称身長は185センチ。モデル業もやっているだけあって立ち姿が絵になり、天海と並ぶと実にバランスがいいんです。ハリー刑事のコスで登場する丸山は、一部の視聴者から『黒いカズレーザーにしか見えない』と指摘されていますが、確かにこのドラマでの丸山は、カズレーザーによく似ています。そのため、天海がさまざまな変装を作中で披露しているのだから、丸山にも1度でいいから赤いスーツに金髪を合わせて、カズレーザーに変装してみてほしいという声があがっているんです」(女性誌記者)

 最終回までに、丸山はカズレーザーの変装を見せてはくれないだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング