2017/03/27 10:15

これも文春砲か!?イケメンシェフ川越達也に年収300万円層が口撃再開

20170327_asajo_kawagoe

 あの黒歴史はいつまで蒸し返される!?

 発売中の「週刊文春」が、イケメンシェフとしてブレイクするも、メディアですっかり見かけることもなくなった川越達也氏の現在について紹介している。

 川越シェフは12年にCDデビューしたりと、一時はテレビで見ない日はないほどバラエティ番組に引っぱりだこの存在だった。ところが、自身のお店で注文していないミネラルウォーター代800円を請求したことが飲食店評価サイトのレビューで明らかになり、世間での評判が失墜。極め付けに「年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはず」と、逆ギレで年収差別発言までしたことで大炎上した。

 その後、川越シェフが経営するレストランや居酒屋は次々と閉店。本店にあたる代官山のレストラン「タツヤカワゴエ」も長期休業状態であり、レストランシェフの仕事は開店休業状態で、出身地宮崎での野菜などの通販事業やショッピングモールでの料理イベントを展開するなど、新たなビジネスに力を入れているとのこと。

 同誌は川越シェフに直撃。本人は「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。家庭のことと子育てもありますし、できることなら世の中の人から僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」と、再スタートを切ったことを強調。しかし、川越シェフの切実な願いも空しく、今回の報道で世間の人々は再び“川越”の名前を思い出してしまったようだ。

「これは違った意味で文春砲でしょうか。確かに、川越シェフの心配をよそにその存在はほとんどの人々が忘れかけていました。しかし今回の再取材で『お水800円の人』『年収差別シェフ』といった、すっかり悪い部分だけが切り取られたネタがさまざま書き込まれていますね」(エンタメ誌ライター)

 世間の率直な声も「今度はどんな胡散臭いビジネス始めたの?」「年収300万円じゃ買えない野菜だろうな」など、あの黒歴史に乗っかったマイナスコメントばかり。

 昨年11月に一般女性との結婚と第一子の誕生を報告。その際に「今までのイメージとは違った、より家族や子どもにフォーカスした仕事にも取り組んでいきたい」とコメントしていたが、庶民を敵に回したツケは想像以上に大きかったようだ。

(権田力也)

関連記事:テレビから消えたイケメンシェフ川越達也、実は意外なところで大人気だった! http://asajo.jp/excerpt/9828

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング