女子フィギュア「4回転時代」到来か? 世界唯一の記録は日本のアノ選手

20170515_asajo_andou

 16-17年のシーズンを振り返ると、男子のフィギュアスケートは“真・4回転時代”を迎えたと言える。一方の女子はトリプルアクセルを跳ぶ選手が数名出てきたくらいで、ジャンプの進化が少ないようにも思えるが、今後どんな展開を見せるのだろうか。

「女子では、これまで世界で7人しか跳ぶことができなかったトリプルアクセルが、男子の4回転に匹敵すると見られていましたが、ここにきてちょっと風向きが変わってきています。1月には本田真凜選手が平昌五輪に向けて、4回転ジャンプを練習したいと取材に答えているのです」(女性誌記者)

 じつは、4回転ジャンプに成功したのは日本の女子選手。安藤美姫がジュニア時代に、ジュニアGPFで4回転サルコウを跳んだのが世界で唯一の記録なのだ。安藤はシニアに上がってからもずっと4回転にこだわり続けたが、とうとう跳ぶことはできなかった。

「世界に目を向けると、世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手と同じトゥトベリーゼコーチのもとで練習する若い女子選手たちが4回転ジャンプを跳んだ映像がネットで公開されています。トゥトベリーゼコーチは4回転ジャンパーの若手について聞かれても、公式の試合でないのにコメントする必要はないと語っており、まだ公式試合で披露できるようなレベルではないと判断しています。しかし今後、精度が上がれば女子も4回転で争う時代になってくるかもしれません」(前出・女性誌記者)

 完璧な演技が求められるというフィギュア競技の性質上、すぐに女子の「4回転時代」が来るとは考えにくい。しかし、男子の場合も、種類を跳び分け、コンビネーションに加える時代はもっと先だと目されていたことを思うと、思いのほか早く新時代が到来するのかもしれない。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング