結婚後、家事や食事作りを分担したいなら「実家ぐらし男子」はNG?

20150901ryoridanshi

 女性が結婚相手に求める条件として昨今増えてきているのが、「料理ができること」。かつては“男子厨房に入らず”などと言われていたが、いまや「料理男子」なる言葉もポピュラーになってきたどころか、「弁当男子」「おつまみ男子」なども出現している。

 共働きや兼業主婦など、夫婦の役割や生活様式が変わってきたことも背景にはあるが、なにより最近の男性タレントは「料理男子」が多い。

 SMAPのメンバーをはじめ、俳優の速水もこみち、あるいはイケメン料理研究家など、その顔ぶれたるやさまざまだ。

 オウチーノ総研が20~69歳の既婚男性860人を対象に、「『料理』に関するアンケート調査」を行ったところによると、いまや既婚男性の約2割が「ほぼ毎日」、約半数が「週に1回以上」料理しているという。

 調査によれば、「自宅のキッチンに立って料理をする頻度はどれくらいですか?」という質問に対し、「ほぼ毎日」と回答した人は19.9%、「週に1回以上」が28.1%、「月に1回以上」が11.7%、「半年に1回以上」が8.6%、「年に1回以上」が2.9%、「全くない」が28.8%だった。

 このなかで「ほぼ毎日」と回答した人の理由を聞くと、「共働きだから」「料理が好きだから」「担当制・当番制だから」といったものが多かったが、これが「週1回以上」の回答者になると、「休日に食事を作る」といった趣味でキッチンに立つ人も加わってくるようだ。

 とはいえ毎日キッチンに立つ女性なら、たとえ週1回でも料理してもらえればありがたい。そんな料理男子を見つけるにはどうすればいいのだろうか?

 先のアンケート調査を、一人暮らし経験の「ある人」と「ない人」にわけて結果を見てみた。すると、一人暮らし経験のある人は「ほぼ毎日」料理をする人が21.5%、「週に1回以上」が30.2%という結果に対し、一人暮らし経験のない人は、「ほぼ毎日」が15.1%、「週に1回以上」が21.7%となったのだ。

 また、料理をすることが「全くない」と回答した人は、一人暮らし経験のある人が23.5%だったのに対し、ない人は44.8%。つまり、一人暮らし経験のない人は結婚後、ほぼ半数の人が“ほとんどキッチンに立たない”傾向にあることがわかったのだ。

 こうしてみると、結婚相手には実家ぐらしの男性より、一人暮らし経験のある男性を選んだ方が、家事の分担や食事作りを手伝ってくれる確率が高そう。また、合コンなどで「料理が趣味」の男性を見つけるのも、結婚後のことを思えば一考する価値があるかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング