2015/12/13 09:59

あなたの睡眠は何時間?寝不足が“太りやすい体質”を作る、そのメカニズム

20151213nebusoku

 十分な睡眠がとれた朝は非常に調子がいいものですよね。実は、質の良い睡眠を取ることがダイエットにもつながるということを知っていましたか?

「睡眠中、肉体的な活動は休んでいますが、体内では成長ホルモンをはじめとした様々なホルモンが働き、疲れをとったり細胞を修復したりといったメンテナンスを行っています。ところが寝不足になると体はそれをストレスと感じ、対抗するために別のホルモンの分泌量を増やしてしまうのです。それが“太りやすい体質”になることにつながってしまうんです」

 こう教えてくれたのは、ダイエットに詳しいフィットネスライター。その“ストレスに対抗するホルモン”というのが「グルココルチコイド」と呼ばれる物質だそうです。

「グルココルチコイドは、血糖値を上昇させる働きをする一方で、体内に糖質がないとグレニンというホルモンの分泌を促進します。グレニンは食欲を増進させる作用があるので、食べ過ぎにつながってしまうんです」

 寝不足で太るのは、単に起きている時間が長いから食べる量が増えてしまうだけでないのです。寝ている間に体内で起こっているホルモンの作用を意識しないといけないのですね。

「逆に食欲を抑えてくれるのが、脂肪組織で作られるレプチンというホルモン。食物をゆっくりよく噛んで食べると分泌されます。しかし、これも睡眠不足になると分泌量が減ってしまうのです」(前出・フィットネスライター)

 つまり、寝不足になると“太りやすくなる原因が二重に増えてしまう”ということなのです。私たちが眠らなければいけないのは、単純に体を休ませるだけではなく、その間に様々なホルモンを働かせて、代謝機能の調整をしているからなんですね。

「理想の睡眠時間は7時間程度と言われていますが、これには個人差がありますから自分でスッキリできる十分な睡眠時間を確保するようにしてください。また、起きた時に朝日を浴びるとセロトニンのいう脳内物質が分泌されます。これは精神を安定させる力を持った“幸せホルモン”とも呼ばれるもので、自律神経にも作用してストレスを感じて高まる食欲を抑えてくれる作用もあります」(前出・フィットネスライター)

 十分な睡眠をとって、起きたらすぐに太陽の光を浴びることもダイエットの助けになるということ。自分の睡眠サイクルをしっかり守って、太りやすい体質になることを避けるようにしましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 100375

    先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング