やりたくなくても実はやりやすい!夏だからこその掃除場所とは?

 夏の暑い中で家事をするのって、汗だくになって大変ですよね。とくに体を動かす掃除は、クーラーが効いていないとツラいものがあります。

 日用雑貨などを企画製造販売するグラフィコが2021年7月、『夏の家事に関する意識』に関して全国の20~60歳の男女100人を対象にアンケートを行ったところ、夏の嫌いな家事で「掃除」と回答した方は全体の約40%だったとか。

 そして「夏だからこそ掃除をしたくない場所・物」を聞いたところ、女性の1位は「屋外」、2位は「クローゼット」、3位は「窓」という結果だったそうです。屋外や窓掃除では熱中症の不安、クローゼットについては害虫やニオイ、湿気などが気になることからランクインしたようです。

 グラフィコの販売促進部長でハウスキーピング協会公認クリンネスト1級の田邊謙司さんによると、夏に掃除したくない場所は、実は、夏に掃除しやすい場所なのだとか。

 なぜなら、夏は日中の明るい時間が長いので、掃除できる時間帯が他の季節に比べて自由がきくから。また、気温が高いので水を使用しても乾きやすく、いつまでも水分が残っていることもないし、水が冷たく感じにくくなるからなんだそう。

 庭や玄関などは、実は意外な夏の掃除場所の穴場だったというわけです。この夏、暑さ対策を充分行いながら、掃除をしてみてはいかがでしょうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング